Home » おまとめローン » おまとめローンと債務整理

おまとめローンと債務整理

複数借金を抱えているという場合、おまとめローンで借金の一本化をすれば返済が楽になる、そう思っているという方もいらっしゃるのではないでしょうか。ちょっとまってください。確かにおまとめローン銀行ローンを利用すれば、金利が低くなるなど返済額の圧縮が期待できるものではありますが、あくまでも期待できるというだけであり、必ずしも誰もが返済が楽になる、というものではありません。その人の状況によっては債務整理の相談をしたほうがいいということもあります。

しかし債務整理といいますと、弁護士に相談したりいろいろと難しそう…というイメージもありますしハードルが高い印象がありますよね。確かに、おまとめローンと違い申込をして審査に通ったらすぐ利用できる、などというようなものではなく手続きがいろいろとあるわけなのですが、その分メリットもあります。

まず債務整理というのはそれ自体が方法というわけではなく、法律によって借金を整理するいくつかの方法の総称のことをいいます。一般的には【任意整理】【特定調停】【個人再生】【自己破産】の4つが挙げられます。それぞれで債務を整理する度合いや手続きの方法などが違ってきますので一概には言いきれないのですが、おまとめローンと債務整理とでのできることの違いを任意整理を例にしてみていきましょう。

【金利】
おまとめローンの場合ですと、個々だと小額の借り入れになりますので高い金利が適用されていたのが、まとめることである程度まとまった額の借り入れになるため、低い金利が適用されることが多いです。一方で任意整理のほうはといいますと話し合いによりほとんどの業者で分割返済に応じるなら以降の利息をカットしてもらえるといいます。

【借金の総額】
おまとめローンでは借金自体が減るということはありません。金利の低いローンに借り換えることで利息が少なくなったり、また返済期間を長くすることで月々の返済負担を減らしたりということはできますが、借りたお金、元金が減るということはありません。一方で任意整理はといいますと、場合によっては利息制限法の引き直し計算により今まで払いすぎていた金額を元金返済に充て、残金を無理のない返済計画で分割して支払っていくことができます。つまり、今まで払いすぎた分があれば、ですが借金自体が減ることもあるのです。

【信用情報】
おまとめローンを利用した場合それによって特に信用情報に傷が付くということはありませんが、一方任意整理はといいますと、官報に載るほどではありませんが信用情報には任意整理をしたということで最低でも5年ほど情報が載ってしまい、その間新たにローンを組むことができなくなります。また任意整理は任意の話し合いなので、相手によっては和解するのが難しいケースもあります。

どちらを選んだら良いのかは借り入れ状況や属性など個人によって違いがあります。どうしたらいいのか悩んでしまう場合には、一度ファイナンシャルプランナーや自治体の借金相談会などを利用して相談してみるというのも一つの手です。客観的にみて、どの方法が自分にはベストなのかをみてもらうとよいでしょう。