Home » カードローン » 総量規制対象外のカードローンなら専業主婦でも借りれる

総量規制対象外のカードローンなら専業主婦でも借りれる

貸金業に関しては現在では総量規制が適用されているので注意しなくてはならないです。この総量規制というのは融資可能額を年収の三分の一以下に制限する規制であり、消費者がお金を借り過ぎてしまって返済が困難になってしまう事が無いように出来た規制です。
必要だと判断されたからこそ規制されるようになったのですが、これは基本的に本人の年収を元にして判断されるようになっています。つまり、規制ができる前は専業主婦が配偶者である旦那の収入を頼りにしてお金を借りるという手段もあったのですが、それが総量規制によって行いにくくなったのです。総量規制では配偶者と合わせて年収の三分の一以下までならば借りる事が出来るように例外も定められてはいるのですが、現状では十分に対応しているとは言えずに総量規制が適用されている場合は専業主婦がお金を借りるのは難しいのです。
規制があるからこそ問題なのであり、専業主婦がお金を借りようとする場合は規制の対象外のカードローンを利用するという手段が存在しています。この規制が適用されるのは貸金業法の適用される消費者金融であって銀行の場合は銀行法という別の法律が適用されるので規制が適用されないのです。規制の対象外というと法律を無視しているのではないかという不安があるかもしれないですが、このような理由があるためなので安心して良いです。
逆に言えば銀行でなければ専業主婦は基本的にお金を借りる事が出来ないという事であり、消費者金融で借りる事が専業主婦が出来るという場合は例外があるとはいえ注意が必要です。
関連