Home » 消費者金融 » 銀行からお金の借り入れする方法

銀行からお金の借り入れする方法

借り入れを行う先として、銀行は金利が低いなどの利点が色々とあります。総量規制がかからないことにより、多額の金額を借りることもできるので便利というわけです。ただし、借り入れができるようになるまでは厳しい審査を通る必要があります。銀行系のカードローンを作る場合、銀行そのものが貸し出す場合と、銀行を通して消費者金融が貸し出す場合があります。消費者金融による借り入れは総量規制がかかるので注意が必要です。つまり、年収の3分の1以内での借り入れしかできないということです。銀行から今すぐお金が必要の借り入れをする場合、まず直接ローンを申し込むパターンがあります。住宅を購入したり、事業資金として借りるなど目的がある場合です。この場合には担保が必要となるので、その証明のための書類と、返済を可能とするための所得証明が必要になります。また、過去の借り入れ状況を調べた上で審査されることになります。一方でそのような目的が特定されているわけではない場合、お金の借り入れはカードローンを利用することになります。こちらは担保は特に必要ないものです。返済を可能とする証明としての所得証明は必要となります。源泉徴収票や所得証明書、あるいはちょっきんの数ヶ月分の給与明細などを提出することになります。それを基に審査が行われ、過去に滞納がないかも確認した上で審査が通ればカードが発行されます。あとはその銀行の口座を持っていれば、カードが届き次第借り入れが行えます。